風俗 アルバイト

風俗アルバイトで稼ぐための道しるべ

風俗アルバイトで稼ぐための道しるべ

言葉遣いを意識する

風俗のお仕事では基本的にマンツーマンの接客となります。
ということは、自分の接客次第でお客様に与える印象が左右されるということです。
風俗のお仕事の中での「接客」というのは、簡単に言うと2種類あります。
・風俗のプレイの内容
・会話や話し方などのコミュニケーション

ここでどんなに素晴らしいテクニックを持っていたり、エッチなサービスでお客様を満足させたとしても、冷たい事務的な態度で接してしまうと、お客様の印象派とても悪いものとなってしまい、次の指名には100%繋がりません。
その反面、多少プレイがぎこちなかったり、テクニック不足な場面があったとしても、お客様への接する態度が恋人気分を味合わせてくれるものだったり、気配りができている真心こめた接客の場合は、お客様は大変満足されて指名に繋がる確率も高いのです。
それくらい、お客様への接し方ひとつで大きく変わるので、テクニックよりも接し方の方が重要であるのかもしれません。

では、具体的にどのような接客態度で臨むのが一番良いのでしょうか。
結論から言うと、「お店のコンセプト」と「あなたのキャラクター」と「お客様の性格」次第です。
例えば恋人のようにあまりベタベタされるのが嫌いなお客様に対して、そのような甘い雰囲気を出すような接客をするのはダメですし、逆に風俗嬢との距離感が近い方が興奮するお客様には、あえてタメ口で話すということもあります。
「そんなのどんなお客様かどうかわからないから難しい」と感じる方も多くいるかと思いますが、お客様の属性は実はお店のコンセプトから計り知ることができます。
例えば、恋人気分を演出するようなニャンニャン系のお店にはそういうのを希望するお客様しかほtんど来ないでしょうし、逆に格式高い高級店では、一流ホテルのような接客を求める男性客が来ることもあります。
自分のお店に来るお客様がどういうタイプが多いのかを判断して、どのような接客態度で臨めばお客様に好印象を与えることができるかどうか、考えてみると良いでしょう。

特に言葉遣いというものは、相手に良くも悪くも印象を与えやすいものです。
お客様によっては、「タメ口の方が親近感が沸いてOK」という方もいらっしゃいますし、逆に「接客業なのだからきちんと警護を使って欲しい」という方もいます。
このあたりはお店のコンセプトに合わせて、状況によって使い分けるようにした方が良いでしょう。

メニュー