風俗 アルバイト

風俗アルバイトで稼ぐための道しるべ

風俗アルバイトで稼ぐための道しるべ

サプライズプレゼントを贈る

相手の好感度をあげる方法はいくつもありますが、その中でも正攻法と言えるのプレゼントを贈ることではないでしょうか。
それは風俗の場合も同じです。
風俗嬢とお客さんは人同士の付き合いであり、そこには明確な人間関係があります。
しかもこの人間関係は特殊で、体と体・心と心の接客業であるにもかかわらず、風俗という範囲内ではどこか現実感がありません。
わかりやすく言うと、お客さんはお金を払ってエッチなサビスを受ける、それ以上でもそれ以下でもなく、人間味があるようでない状態なのです。
そんな中、突然、サプライズでプレゼントを貰うとどうでしょうか。
友人や職場の同僚、知人などからプレゼントを貰う機会はあっても、まさか自分が指名している風俗嬢からプレゼントを貰うとは夢にも思ったことはないはずです。
貰えるはずもない相手からプレゼントを貰うということで、かなり大きなギャップからの好感度を与えることができ、さらに強固な人間関係が構築され数年間にも続く指名がもらえる様になったケースも多々あります。

ここで重要なのは、ただ何もないときにプレゼントを渡しても効果は半減なのです。
もちろんプレゼントをもらえるということは嬉しいですが、そこに理由があるだけで「自分のことをきちんと理解してくれるんだ」という付加価値がつくのです。
例えば一番オーソドックスなのは、誕生日。
誕生日当日に風俗に来るお客さんは少ないと思うので、その前後で十分です。(一ヶ月くらい前後でも大丈夫です)
サプライズのドッキリ感を与えると、人間の感情は大きくなりますので、できることなら前もって何も言わないで渡したいですが、もし誕生日が近くに指名で来る予定がなさそうな場合には、プレゼントがあるとは伝えずに「お祝いしたいから少しだけ顔を見せて欲しいな」と甘えたりするのも手です。
また、できるだけ誕生日プレゼントを渡すと悟られないように、相手の誕生日を聞く場合は、普通の会話の中でサラっと聞いておきましょう。
例えば、普通の会話で誕生日を聞いて、その数ヵ月後の誕生日付近まで一度も誕生日の話題を出さずに、誕生日近くになった頃、「ちょっと早いけどコレ…」と言いながら渡すと、「客の誕生日を覚えてくれたんだ!」と、感激してくれること間違いありません。
こんなに自分のことを考えて気遣いしてくれる風俗嬢を手放そうとは思わず、ますます指名してくれることでしょう。

また、渡すプレゼントですが、何万円もするような高価なものである必要はまったくありません。
数千円のハンカチやちょっと良いボールペンなど、手軽に受け取れる小物の方が良いです。
要は「誕生日を覚えてくれている=きちんと自分のことを見てくれている」ということを認知させるものですので、そこに高価なものかどうかはあまり関係ないのです。
もちろん、例えばスポーツが好きなお客さんにはスポーツタオルなど、そのお客さんに合わせて渡すプレゼントが違えば最高ではあるのですが、基本的にいつくるかわからないお客さんもいますので、連絡のやりとりをしておらず突然来るお客さん向けに、万人に共通する品をロッカーなどに保管しておいた方が無難です。
また、中には形として残るものが嫌がる人もいるので、そのへんは普段の接客トークの中で見抜いておきましょう。
たった数千円のプレゼントが、のちのちには何万円、時には何十万円にもなってかえってくるプレゼント作戦。
効果は絶大だと思うので、良かったら試してみてくださいね。

メニュー