風俗 アルバイト

風俗アルバイトで稼ぐための道しるべ

風俗アルバイトで稼ぐための道しるべ

本番強要のかわし方

デリヘルやヘルスの仕事をしている女性の一番の悩みである、「本番強要」。
「先っぽだけ」
「ちょっとだけ」
こんなことを言われたことがある女性も、多いのではないでしょうか?
本番を求めてくるのは、もちろん法律違反なのだが、それをお客様に言って、接客中に空気を壊したくないし、せっかく付いたお客様なので、リピーターになって欲しいのもあると思います。
そこで今回は、お客様に本番強要をされてしまったときに上手にかわし、なおかつ、そのあとリピーターにも繋がる可能性もある方法について、紹介しようと思います!

1.一番効果があるかもしれない、かわし方

「本番はお店で禁止されてるからダメだけど、いっぱい気持ち良くなってもらえるように頑張るね。」と言って、フェラなり素股なりを一生懸命頑張っている姿を見せます。
その上で、フェラであれば、お客様のモノを咥えたまま、ニコってするのがポイントです。
素股であれば、動きながら、同じくお客様の目を見てニコってしてあげてください!
お客様はあなたの献身的な態度に、それ以上何も言えなくなるでしょう。

男性は、ヘルスに身体的に気持ち良くなりたいから来るのと同時に、精神的に満たされたいと思って来ています。
男性は内心「俺のこと相手するのは本当は嫌なんだろうな」と思っていることがほとんどです。
そんなことを思っているときに、上記のような献身的な態度を取ってもらうと、それだけで精神的にかなり満足することができます。
よって、のちのち本指名に繋がりやすくもなります!
上記のセリフは自分なりにアレンジしても大丈夫です!
あくまで自分のキャラに合った、言い方を考えてみてくださいね!

2.こんなかわし方もあるんだ!みんなが実践している方法

次に、実際に私が聞いたことがあるやり方で、本当に効果が出たと聞いた方法について紹介します!

①「そんなこと言うの似合わないよー」
と言うと、案外男性はカッコつけたい生き物なので、効果があるようです。

②「お願い!少しだけ」と言われたら、「お願い!少しもダメ(‘∀`)」って言うと、結構笑ってくれて、すんなり諦めてくれることが多いそうです。

③「本番より気持ち良くしてあげる」

ある程度テクニックが求められかもしれないが、こう言われて、一生懸命プレイをしてくれたら、男性は何も言えないのでは。こちらの方法は、空気が悪くなる可能性も低いから、使いやすいかもしれないです!

本番強要をされる場面は結構多いと思うので、もはや男性の社交辞令くらいに思っておいたほうがいいかもしれません。
なので、あくまで本番強要を本気にせず、軽いブラックジョークを言われたと思って、上記のような方法でかわすようにしてみてください!
このかわし方で、あなたの本指名の数が変わってくる可能性は十分にあるので、自分なりの”空気が悪くならない”かわし方を身に付けると良いでしょう!
もちろん、しつこすぎるお客様は、すぐにお店に連絡することも忘れないようにしてくださいね!

メニュー